遺品整理・生前整理コラム

遺品整理の買取で高く売れる品は?買取依頼のコツや注意点をご紹介

遺品整理は、故人との最後の対話として、遺族にとって心の整理につながる大切な作業です。このコラムでは、遺品の買取方法、売れない品の処分のコツ、そして遺品整理で注意すべき点に焦点を当て、故人の思い出を尊重しつつ、遺品を適切に扱うための具体的なアドバイスをご紹介します。遺品整理を進める上で遭遇するであろう様々な課題に対処するためのガイドラインを、実例を交えて紐解いていきます。

買取できる遺品と特に高値が付きやすい遺品

遺品整理を行う際、古い品物が多く見つかると思います。古いと買取不可かなと思われがちですが、次に使ってくれる人がいる物であれば、古いものや傷があるものでも需要が高いため売ることができます。買取できる遺品の種類として、特に高値がつきやすい品物には以下のようなものがあります。

貴金属・宝石

金や銀・プラチナなどの貴金属や宝石は、素材そのものに価値があるため、古くても保存状態が悪くても、高価買取が期待できます。金歯や金縁メガネ、仏具なども買取対象になり、仏具は骨董品としての評価も高いため、高額査定になる場合もあります​​。

腕時計

高級ブランド時計、特にロレックスやオメガは遺品買取で高い人気を誇ります。これらの時計は高額で取引され、限定モデルやヴィンテージ品は更に高価に。保証書があれば価値が上がります。使用感があっても価値が認められることが多いため、処分する前に買取業者に相談することをお勧めします。

カメラ

一眼レフや高級コンパクトデジタルカメラは遺品買取で人気が高く、特に高価なモデルや人気モデルは数十万円で取引されることも。中古市場でもデジタル一眼レフは需要が高く、価格が安定しています。プロ用カメラは特に高価買取されやすく、レンズや三脚などのアクセサリーも価値を高めます。カメラと付属品を清潔に保つことで、買取価格の向上が期待できます。

お酒

洋酒や年代物の日本酒は、高値で買取されやすいです。特に珍しいものや、ブランドものは需要が高く、買取価格も上がりやすい傾向にあります​​。

電化製品

新型の電化製品や人気商品は高値が期待できますが、年式が古くなるにつれて買取価格は低下します。しかし、スピーカーやヘッドホンなどのオーディオ製品は価値が高く、古くても高値がつくこともあります。

着物

着物は、特に作家ものや大島紬などの高級品で証紙があるものが高値で取引されます。また、大量にある場合は、ある程度の値段がつくこともあります。

骨董品・美術品

骨董品や美術品の買取では、元の箱、証明書、作者の署名があると価値が上がります。また、美術品については、作者の評価や作品の歴史的意義を把握し、保存状態にも注意を払う必要があります。紫外線や湿気から適切に保護することが、価値を維持するために欠かせません。有名な作家の作品や良好な状態の骨董品は高価買取の対象になりますが、傷や汚れがあると価格が下がります。

ブランド品

ルイヴィトンやエルメスといった高級ブランドのバッグや財布は、買取市場で高価格が期待されます。古いモデルであっても、人気があれば高額での取引が可能です。ブランド食器も同様で、オリジナルの梱包材や証明書があると本物である証明になるため、その価値はさらに高まります。特に、ヨーロッパ製や日本の伝統的な食器は買取市場で高い評価を受けます。状態が良い品物はより高く評価され、買取価格が数千円から数十万円になることもあり、稀少性や歴史的価値が高いアイテムはそれ以上の価格で取引されることもあります。

遺品をなるべく高く買い取ってもらうコツ

遺品整理の際に見つかった大切な品物をなるべく高く買取してもらうためには、いくつかのコツがあります。以下にそのコツをご紹介します。

  • 電化製品

    • 付属品や説明書、保証書を完備しておく。
    • 特に新しいものは、購入時の箱や保証書があると好評価につながります。
  • 一般的なアイテムの状態維持

    • どの品物も、清潔に保たれていれば査定額が上がりやすいです。
    • 貴金属は特に、ピカピカに磨いてから査定に出しましょう。
  • 骨董品・美術品

    • 元の箱、証明書、作者のサインなどの付属品があれば価値が増します。
    • 保存状態が重要。紫外線や湿気は美術品の天敵です!
  • ブランド食器・時計

    • オリジナルの包装や証明書、保証書があると評価が高まります。
    • 状態が良好であれば、さらに高価買取の可能性あります。

遺品の買取価格を最大化するためには、細部にわたる配慮が必要です。品物ごとの特性を理解し、適切な準備を行うことが、買取価格を高める鍵となります。

 

遺品の買取で気を付けるべきこと

1. 相続人に無断で買取依頼をしない

遺品整理を進める中で、買取可能な品物を見つけた場合でも、勝手に買取に出すべきではありません。たとえば、故人が大切にしていた腕時計が見つかったとします。その時計が市場価値が高いブランド品だったとしても、他の遺族にとっては形見としての価値があるかもしれません。また、故人が遺言で特定の品物について言及している可能性もあります。このような場合、個人の判断で買取に出すと、後に遺族間でのトラブルの原因となることがあります。

2. 査定金額にこだわりすぎない

遺品整理の際に、故人が大切にしていたものや、思い出の品をできるだけ高く買取してほしいと考えるのは自然なことです。しかし、高額買取を目指すあまり、何店舗もの業者に見積もりを依頼したり、ネットでリサーチしたりで体力気力を消耗してしまうことには注意しましょう。時間と労力を考慮し、遺品整理の全体的な進行を優先することが、結果的には金銭面・体力面・精神面でバランスの良い結果につながると思います。

遺品整理で売れないものを整理する方法

遺品整理では、価値あるものを見極めて買取に出すことが一般的ですが、すべての遺品が買取の対象となるわけではありません。買取できなかった遺品の処分は、遺品整理の大きな課題の一つです。以下では、買取に出せなかった遺品の整理方法について解説します。

自分で遺品を処分する方法

遺品を自分で処分する場合、自治体の規則に従って正しく処理することが必要です。例えば、大型の家具は粗大ゴミとしての取り扱いが必要になります。家電リサイクル法に関わる家電は、粗大ゴミとして出すことができません。以下の4品目は粗大ゴミではなく扱いが異なりますので購入店に問い合わせましょう。

家庭から出す家電4品目は注意が必要

●エアコン

●テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)

●冷蔵庫・冷凍庫

●洗濯機・衣類乾燥機

また、一般ゴミとして出す場合も、大量の遺品を一度に処分することは難しいため、段階的に処理する計画を立てる必要があります。一部の自治体では、クリーンセンターへ直接持ち込むことで一度に処分できる場合があります​​。自治体のゴミ出しルールをよく確認しましょう。

遺品整理業者に依頼する場合

全国対応「ふうせんの風」にお任せください!

遺品整理で買取や回収を依頼するなら、遺品整理の専門サービス「ふうせんの風」にぜひお任せ下さい!徹底的な分別を行うことでごみの量を減らし、なるべく多くの品物をお買取りしております。また、片付け後のハウスクリーニングや消臭、ゴミの回収、リフォームまでワンストップで対応しておりますので、ご遺族のご負担をできる限り小さくできるよう全力でサポートさせていただきます。ぜひお気軽に何でもご相談ください!

ワンストップ対応が強みです

不用品の仕分け・回収から、買取り、ハウスクリーニング、リフォーム、家屋の解体、相続や不動産売買の相談も丸ごとお任せください。

高価買取りで費用を抑えます

鑑定書がないブランド品や宝石も、経験豊富な鑑定士が正確に査定いたします。金銀プラチナや切手、アクセサリー、バッグ、カメラ、ゴルフ用品、楽器、家電、古銭など、お買取した品は整理費用からお引きします。

全国対応、見積もり無料 ふうせんの風にぜひお気軽にご相談ください!

 
 

 

 

 

 

 
 

【業務内容のご案内】特殊清掃サービスのご案内

【店舗ご紹介】「遺品整理 ふうせんの風」埼玉店のご案内

【コラム】遺品整理にまつわるアレコレをお教えします!

お見積り無料
お気軽にご相談、お問い合わせください
0120-030-477
メールでのお問い合わせ