遺品整理・生前整理コラム

孤独死にもつながるセルフネグレクトとは?

私たち遺品整理・特殊清掃業者は、ゴミ屋敷や孤独死の現場を清掃させていただく機会が多くあります。その中で、昨今社会問題になっているセルフネグレクトが原因と思われるケースに出会うことも少なくありません。セルフネグレクトは高齢者の問題と思われがちですが、働き盛りの若い人にでも、誰にでも起こりうる問題だということをご存じでしょうか。今回は、セルフネグレクトの原因と予防方法を考えていきます。

 

セルフネグレクトとは

セルフネグレクトとは、一言で言うと「自分を大切にする気持ちがなくなってしまった状態」です。生きる気力がなくなり、食事をまともに摂らない、入浴しない、病気になっても病院に行かない、掃除をしない、ゴミを出さないなど、基本的な生活をおろそかにしてしまいます。

また、家族や友人との関わりを避け社会から孤立していく傾向があるため、早い段階で周囲が気づいて手助けするといったことが難しく、ゴミ屋敷化や孤独死に至ってしまうケースも少なくありません。

 

どうしてセルフネグレクトは起きるのか

セルフネグレクトに陥る原因は多岐にわたります。

  • つらい出来事
  • 失業や経済的困窮
  • 病気
  • 家族との離婚や死別
  • アルコール依存症、精神疾患、認知症
  • 身体的な機能の低下や意欲の低下
  • 頼れる人がいない

などが挙げられます。これらの要因が組み合わさると人は自己管理能力を失い、自分自身のケアを怠る傾向が高まります。

また、過去のトラウマやストレス、人間関係の問題もセルフネグレクトに影響を与える要素の一つです。セルフネグレクトは心の病気なので、誰にでも起こる可能性があるのです。

 

セルフネグレクトの兆候

日々の生活で強いストレスを感じていると、セルフネグレクトに陥りやすいので注意が必要です。下記のような状況が続いている場合は危険なサインと考えましょう。

  • 入浴しなくなる
  • 洗濯をしないで同じ服をずっと着ている
  • ゴミを捨てられない
  • 食事への興味を失い、カップ麺などで毎日済ませてしまう
  • 人と話すのが億劫になる
  • 人の手助けを面倒で断ってしまう

などが挙げられます。疲れていると誰にでも起きる状態ですが、これが長期間続くとどうなるでしょうか。ゴミが溜まった部屋の中は不衛生になり、栄養の偏りから免疫力も落ちて病気になりやすくなります。そして病院に行く気力もないためさらに悪化する…。この状態がひどくなると本格的なゴミ屋敷や孤独死に繋がってしまうのです。

 

セルフネグレクトになってしまったら

家族や友人がセルフネグレクト状態に陥ってしまった場合、周囲の人が行動を起こして手助けすることが必要です。本人には自分を立ち直らせる気力がないため、断られたとしても根気強く声をかけ続けましょう。

当事者の気持ちに耳を傾ける

まずは、セルフネグレクト状態にある事をどう思っているのか、気持ちを聞くことが大切です。信頼関係を築く必要があるため、相手の言うことを否定しない、嫌そうだったら無理に聞き出さないなど、細かな配慮が必要です。なぜゴミを捨てたくないのか、なぜ病院に行きたくないのか。根気よく温かな雰囲気で対話を続け、こちら側の提案を受け入れる気持ちになってくれたらいいなという気持ちで、焦らずに対話を続けていきましょう。

病院を受診する

セルフネグレクトの背景には精神疾患や身体的な疾患など様々な病気が隠れている場合が多いようです。病院に付き添って適切な治療を始めることが大切です。

 

地域包括支援センターに相談する

無料で相談できる地域包括支援センターをご存知でしょうか。全国の自治体にある公的な相談窓口です。今後の生活をどのようにサポートしたら良いか、介護認定は必要ないかなど、様々なことを相談できます。

 

家事代行サービスやゴミ屋敷清掃の業者を活用する

部屋がゴミ屋敷状態に荒れ果てている場合、大量のゴミを分別して廃棄したり、カビや悪臭を適切に掃除することは大変な重労働になります。一度専門の業者に依頼して綺麗にしてもらうことをおすすめします。その上で、リバウンドしないように家事代行サービスや介護サービスを利用するなど、生活面をサポートすることを考えていきましょう。

 

セルフネグレクトになりやすいタイプ

セルフネグレクトは、どのような人が陥りやすいのでしょうか。

  • 人に頼るのが苦手で、全て抱え込んでしまう
  • 孤独や不安感が強い
  • モノを捨てられない、整理整頓や掃除が苦手
  • 仕事が激務で家のことに手が回らない

このような人は、体調を崩したり大きなストレスを抱えたりすることをきっかけに、セルフネグレクトに進んでしまう可能性が高めなのだそうです。予防方法としては、人に頼ること。つらい時は人に相談すること。人に頼るのが苦手なタイプの人にとっては難しいことなので、身近な人が心配りをしてサポートしていきましょう。

また、セルフネグレクトに陥っている人は、自分自身で状況に気づいていない場合も多いです。周囲の人が気にかけて、適切なサポートにつなげることがとても大切だと感じます。

 

ゴミ屋敷清掃は「ふうせんの風」にお任せください

「ふうせんの風」は、ゴミ屋敷清掃からハウスクリーニング、不用品の処分や買取り、お部屋の消毒消臭までワンストップでご提供しております。

経験豊富な自社スタッフのみがご対応

打ち合わせから作業まで一貫して自社スタッフが対応します。 外注は行わず経験を積んだ専任スタッフが最後まで作業をするので、高い品質とコストを抑えたサービス提供が可能となります。作業中も何かあればすぐにご相談いただけます。

全国対応、見積もり無料 ふうせんの風にぜひお気軽にご相談ください!

【業務内容のご案内】特殊清掃サービスのご案内

【店舗ご紹介】「遺品整理 ふうせんの風」埼玉店のご案内

【コラム】遺品整理にまつわるアレコレをお教えします!

生前整理は、いつから、どうやって始めるのがベスト? 手順を詳しく解説します 離れて暮らす実家がゴミ屋敷になっていたらどうする?原因別の対処法を解説します。 「正しい手順」と「効率的な片付け方」で無理のない遺品整理を 心に嬉しい変化も! エンディングノートの基本の書き方 遺品整理で親族と揉めないために。起きがちなトラブルを知っておこう 孤独死にもつながるセルフネグレクトとは? セカンドライフを充実させる「老前整理」のススメ 家族が亡くなったら 〜最初の2週間で行うことリスト〜 ゴミ屋敷の原因にもなる「ためこみ症」を知っていますか? 最近話題の「樹木葬」とは?その特徴や種類をご紹介 デジタル遺品整理って何? 故人のデジタルデータを整理するポイントをお伝えします 多くの人が頭を抱える「衣類の遺品整理」、一つずつ悩みを解決していきます 遺品整理中に、タンス預金を発見したらどうする? 遺品整理の買取で高く売れる品は?買取依頼のコツや注意点をご紹介 遺品整理の費用を少しでも抑えたい! 安く抑える方法と注意点をご紹介 故人との思い出を大切に、遺品整理を円滑に進める5つのステップ 空き家の片付けどうしよう…知っておくべき重要ポイントを解説します 遺品整理で失敗しないために〜捨ててはいけないものガイド〜
お見積り無料
お気軽にご相談、お問い合わせください
0120-030-477
メールでのお問い合わせ